仮性包茎の手術・包茎治療について真剣に悩み、色々と検索しているうちに包茎手術はクリニックと泌尿器科で受けることができるんだ。

というところに気がつくと思います。

実は包茎治療はクリニックor泌尿器科で受けることができるようになっています。

泌尿器科と聞けば街の病院というイメージが強いかもしれませんが、包茎の治療も受けることができるのです。

調べているうちに泌尿器科だと保険が適用できてお得に包茎手術を受けることができる!
なんて言葉も見つけるはず。

どうせ安く治療できるのであれば安い泌尿器科で手術を受けたほうがお得だとは思うでしょう。
そもそもクリニックと泌尿器科は何が違うのか?

包茎手術を受けるにあたってこの点は理解して置かなければいけないポイントだと言えます。

 

包茎クリニックと泌尿器科(病院)の基本的な違い

まずクリニックと病院の違いってどのようなものか知っていますか?

病院
引用:ドクターズ・ファイル/「総合病院」と「クリニック」の違い

これを見ればなんとなーくの違いはわかりますね。

では包茎治療に関するクリニックと泌尿器科(病院)はどうか。
基本的な違いとして「包茎治療に対しての捉え方」に違いがあると言えるでしょう。

「包茎治療に対しての捉え方」と言ってもよくわからないとは思います。

クリニックと泌尿器科の特徴を見ていくことで捉え方の違いはわかってくるはずです。

クリニックにおける包茎手術

包茎手術を専門に行っているクリニックは言わば包茎手術スペシャリスト
幅広い手術の方法や、高い技術を持った専門医が肩を並べています。

仮性包茎・真性包茎・カントン包茎手術はもちろん、男性器のありとあらゆるコンプレックスを改善してくれる場所でもあります。

包茎手術を専門にしているクリニックは美容外科とも言われ、美容形成の技術が非常に高いのです。
クリニックの包茎手術は「包茎の治療」と考えるよりは【包茎の美容整形】と考えるほうがしっくり来るでしょうか。

それ故、クリニックで受ける包茎手術は高額なものが多く保険の適用もありません。

ですが包茎に対する知識や技術、経験や症例、患者に対するケアやプライバシーの保護などに長けているのがクリニック。
美容形成技術が長けている分、術後の見た目や痛みも少なくコンプレックスを解消できる場所だと感じます。

泌尿器科における包茎手術の捉え方

あくまでも泌尿器系の病院である泌尿器科は包茎が専門分野ではありません。

泌尿器科とは、尿に関連した臓器(腎臓、尿管、膀胱、尿道)と

男性生殖器(陰茎、前立腺、精巣)の病気を主として扱う科です。

引用:キッコーマン総合病院/泌尿器科

これを見てもわかるように、包茎は病気の一種として治療してくれる場所。

包茎手術を専門に扱っているクリニックに比べると、包茎治療の技術や経験・症例は少ないと考えられます。
何よりも、泌尿器科の包茎手術は「包茎の治療」という考えが主流。

その為、術後の見た目やケアに特筆するのではなく「包茎という病気を治療する」という部分に焦点を置いています。

ですが泌尿器科の強みは保険が適用できる場合があるということ。
※ただし仮性包茎は保険適用外とされる場合がほとんど。

どの場合に保険が適用できるのかはこれからお話しますが、保険適用の場合は自己負担額は2~3万程度。

クリニックの場合は仮性包茎手術でも100,000円ほど(真性・嵌頓は1.5倍程)かかってしまうのでかなりお得だとは感じます。

健康保険が適用される包茎の種類や医院

クリニックは保険が適用できない。

泌尿器科は症状によっては保険が適用になる。

これはわかったと思いますが、症状によっては保険が適用できないとはどういうことか。

包茎とひと括りに言っても、症状は様々で抱える問題も違ってきます。

  • 仮性包茎
  • 真性包茎
  • カントン包茎

この3種類の内、仮性包茎はセックスを行うことも可能ですし、しっかりとケアを行えば衛生的にも問題ありません。

一方「真性包茎・カントン包茎」は正常なセックスができない可能性もあり、衛生的にも悪く「感染症や性病」などのリスクも高いもの。
そのことから国でも治療が必要なものとして認められているんです。

国が治療が必要と認めているものには基本的に保険が適用になりますよね。
つまり泌尿器科(病院)では真性包茎・カントン包茎の場合は保険が適用になる可能性が高いのです!

なぜクリニックは保険適用にならないの?

クリニックは仮性包茎・真性包茎・カントン包茎手術が可能です。
ですが、あくまでも美容形成という目線で行うものですから保険の適用には至りません。

キレイになりたいから…と目を整形しても保険は効きませんよね?
例えるならばそんな感じでしょう。

 

包茎クリニックと泌尿器科の手術方法の違い

包茎治療に対する考え方・捉え方の違い、保険適用の違い。
知識・技術・経験・症例・ケアなどたくさんの違いがあるクリニックと泌尿器科。

それ以外にも実は違いがあります。
それは「手術方法」です!

クリニックも泌尿器科も包茎の種類によって手術方法が違ったり、より技術の高い手術など色々なものが用意されています。

包茎手術の一般的なものとしては【環状切開術】【亀頭直下埋没法】が中心的になっています。

手術方法 内容 価格帯
環状切開術 専用器具を使用して簡単に行える手術ではあるが、傷跡が目立ちやすい。 60,000~70,000円
亀頭直下埋没法 高度な技術・スキルを使用して、傷跡も目立たないような工夫をした手術。 110,000~120,000円

ざっくりと説明すればこのようになります。

クリニックでは術後の見た目にもこだわり、綺麗に治す亀頭直下埋没法を中心に行われています。
環状切開術もほとんどのクリニックで行われていますし、定番の方法なのですがクリニック的には見た目にやや不安の残る環状切開術はあまりおすすめしていないと思います。

泌尿器科は環状切開術と背面切開術を採用している。

一方泌尿器科はというと、主に環状切開術と背面切開術を主流にしています。
主流と言うか、おそらくこの2種類の方法しか行っていないんじゃないでしょうか?!

環状切開術は先程も言ったように安価で治療は行えるが、見た目に傷が残ったりする可能性の高い簡単な手術法です。

背面切開術も比較的簡単な方法。

背面切開術 包皮に切込みを入れて包皮口を広げることで剥ける状態に持っていく手術法

ただ、常時剥けている状態にするのではなく、真性包茎・カントン包茎などの症状を仮性包茎レベルに持っていくと言う方法

つまり背面切開術をしても「仮性包茎止まり」と言うことですね。

この背面切開術を行っているクリニックは非常に少ないと思います。
泌尿器科が行っている環状切開術と背面切開術は共に傷跡がやや目立ってしまうもの。

技術はそれほど必要ない簡単な手術のようで、やはり見た目という点では劣ってしまう手術方法だと感じます。

 

包茎クリニックと泌尿器科の違いまとめ

クリニック 泌尿器科
治療の捉え方 包茎の美容整形 包茎(病気)の治療
手術の技術・経験値 高い技術・経験豊富 並の技術・並の経験
術後の見た目 綺麗な仕上がりが多い 手術法からも見た目はよくない
手術方法 環状切開術・亀頭直下埋没法 環状切開術・背面切開術
治療可能な包茎 仮性・真性・カントン 仮性・真性・カントン
保険適用 真性・カントンの一部は適用
費用(基本価格) 約6~20万 約2~10万
患者に対する配慮
  • 手術をしたことがバレにくい
  • ほぼ男性スタッフで安心
  • 保険適用で家族などにバレる可能性あり
  • 受付などに女性スタッフがいることもある

クリニックと泌尿器科で包茎手術が受けれますが、思っていたよりも違いが多いなと感じたんではないでしょうか?

ただ安いから!保険が適用になるから!
そんな理由だけで手術を決めてしまっては後悔するかもしれません。

手術後のケアや仕上がり具合、自分がなにを求めているのか。
後々失敗したなと感じないためにも、事前にクリニックと泌尿器科の違いはしっかりと理解しておきましょう。