当サイトでは包茎手術に関する情報をお届けしています。

大阪で安い包茎クリニックは?包茎手術費用の相場は?など「包茎手術」に関する話を沢山行なっています。

ですが包茎だからと言って全員に包茎手術をおすすめしているわけではありません。

包茎には「仮性包茎」「カントン包茎」「真性包茎」など種類があり、その中でも数パターンの包茎に分かれます。

中には全く手術の必要がない包茎や、むしろその包茎が理想的なんだよ!という場合もあるんです!

今回は「包茎=悪」ではない。そんな話について紹介していきましょう。

仮性包茎はそこまで深刻に考える必要はない!

仮性包茎は包茎の中でも軽い部類で、必ずしも手術が必要なものではありません。

これはこのサイトでもお伝えしていると思いますが、仮性包茎は正常な性行為が行える場合が多く問題はありません。

包皮を剥き亀頭を露出できる仮性包茎であれば、清潔に保つことも可能です。

問題なのは清潔に保つことが困難なカントン包茎や真性包茎で、正常な性行為が出来ない可能性も高く手術が推奨されているのです。

なのに仮性包茎手術が存在するのか?また女性が嫌がるから手術をした方がいい!なんて話になるのでしょうか?

皮被り・小ささにコンプレックスを感じる人が多い

特に問題のない仮性包茎の人が包茎手術を行う理由として大半を占めるのがコンプレックスだからです。

  • 男らしく剥けた大きな男性器が欲しい
  • 女性との行為時に恥ずかしい
  • 女性に嫌われるから

仮性包茎手術を決断した人の多くはこのようなコンプレックスを抱いていた人だと思います。

確かに日本では「包茎=恥ずかしい」という概念が定着していますし、コンプレックスに感じる事は仕方のないことです。

ただし無理に手術をする必要のない包茎であることには間違いありません。

もちろん清潔にしていれば…の話ですが…。

日本人は仮性包茎人口が高いですし、女性もそこまで気にしていません。女性は不潔な仮性包茎を嫌っているだけですから。

仮性包茎手術を受ける男性は増加している

「無理に手術をする必要のない包茎」である仮性包茎ですが、何故手術に踏み切る人が増えているのでしょうか?

その1つとして先程も話したコンプレックスですが、実はこのコンプレックスを生み出したのはメディアの影響が強いんです!

メディアというのは「包茎クリニック」などですね。

宣伝目的としてたくさんの情報を発信しています。そして我々は日々その情報を目にしています。

  • 仮性包茎の男性なんて気持ちよくない!
  • 不潔だし絶対にヤダ!
  • 臭いし最悪!

雑誌や広告などでもよく目にしませんか?包茎は最悪だ!なんて記事。これには仮性包茎も含まれていて早く手術をしましょうね!ということなんでしょう。

しかし実際はそこまで仮性包茎に対して嫌悪感を抱いている女性は多くありません。

もちろん剥けている方が好み!という女性もいるでしょうが、仮性包茎は最悪だ!!なんて思っている女性は少数派なんです。

つまり我々男性はこのような包茎クリニックが作り出した情報に踊らされているのです。

【朗報】仮性包茎の方が優れた男性器という話がある!

しかしそうは言っても実際に仮性包茎の男性からすれば剥けて男らしくなりたい!と思ってしまいます。

実際に私も仮性包茎ですがそう思います。

どうしてもコンプレックスに感じてしまうんですよね…。

でも最近は「仮性包茎の方が良い」なんて話も増えてきました。仮性包茎男子としてはかなりの朗報です!

中には【短小包茎が理想的な男性器】だなんて話もあるくらいで、その話を聞けば仮性包茎にも少し自身が持てるかもしれませんよね。

短小包茎が理想的な男性器という説

機能の面でいうと、いちばんいいおちんちんは、普段は体の中に埋まっているけど、いざ使うときにしっかり大きくなるおちんちんだから。

普段からだらりと長いおちんちんは、決していいおちんちんではない。もっといえば、早漏のほうがいい。

参照;高須院長「大きい方がモテる」は神話、小さい方が優秀/NEWSポストセブン

こう話すのは高須クリニックで有名な高須院長です。

彼こそが包茎手術文化を広めた張本人なのですが、実は短小包茎のほうが、生物としては優秀だと話しているんです。

外部からの衝撃から守れるように皮がかぶっていて短いほど良くて、早漏なやつほど生き残る。つまり生物学的に見ても短小包茎が理想的な男性器だと言っているんです。

生物学的にはでしょ?男女の関係の時には関係ないじゃん!と言われるかもしれませんが、考えてみてください。

仮性包茎の手術をして普段から立派な男性器を手に入れた!でもいざ勃起すると大きさに対した変化がなく固くなるだけ…。

これでは若干物足りなく感じませんか?

であれば普段は小さく皮もかぶっているけど、勃起時にグンと大きくなり立派な男性器になる!この方がギャップが合って良いように感じるかもしれません。

実はこのように生物学的に、ギャップ的にも【短小包茎が理想的な男性器という説】もあるんです。

仮性包茎のほうが女性も感度が高まる説

実は最近「包茎ペニスの方が気持ちいい」と答える女性が多いということがわかったようです。

これは泌尿器科医の専門書に掲載されたレポートで信憑性も高い情報。

調査内容は包茎・非包茎の男性の両方と性交渉を行なった女性を対象にしたもので、アンケートを行なった内の多くの女性が「包茎ペニスの方が気持ちいい」と答えたそうです。

実に意外!!と思うかもしれませんが、このメカニズムを聞いて少し納得はできるでしょう。

包皮がある男性器の場合、挿入時に膣内での動きをスムーズにしてくれるそうなんです。

なめらかな動きができるため男性・女性ともに激しい動きをしなくても優れた快楽を感じることが出来るのだとか。。

裏を返せば包皮のない男性器の場合「痛みや不快感」を感じる事があるようで、場合によっては気持ちよくないと感じてしまうようです。

「大きくて剥けている男性器=優れている」とは言えないということがこのことからもわかります!

仮性包茎だからと言って無理に手術は必要ない!

  • 女性はそれほど仮性包茎を嫌だと思っていない
  • 短小包茎が理想的な男性器という説
  • 仮性包茎のほうが女性も感度が高まる説

など仮性包茎だからと言って悪い!という話は近年覆されてきています。

清潔に保っておく必要はありますが、仮性包茎だからと言って無理に包茎手術を行う必要はないということです。

もちろん仮性包茎に対して酷いコンプレックスを持っている!という人は包茎手術で自身を手にいれることが出来ますから、手術をするな!とは言えません。

むしろ手術でコンプレックスが解消でき精神的にも気持ちが楽になるのであれば手術はおすすめです。

しかし酷いコンプレックスのない人に関しては仮性包茎を無理に改善しなくて良いのではないかと感じます。

仮性包茎には仮性包茎の良さがあることも少し分かりましたし、それなりの自信を持っても良いのかもしれませんね!